神奈川でおすすめの写真スタジオ(フォトスタジオ)を比較形式でご紹介!【七五三やお宮参り等など口コミでも人気の写真館】

【年齢別】七五三を写真スタジオで撮影するときのヘアメイクについて

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/09/03


七五三の撮影を写真スタジオで行う際、どのような準備をすべきか悩むケースも少なくありません。また、撮影スタジオが用意してくれるものと、自分たちで準備が必要なものを事前に知っておくことで撮影の準備をスムーズに行うことができます。本記事では、七五三を写真スタジオで撮影するときのヘアメイクについて年齢別に紹介します。

3歳女の子のヘアメイクについて

3歳の女の子は、程よく頬ふっくらとしていて子どもらしく非常に可愛い時期です。一方、自我が芽生えてくる時期でもありイヤイヤ期でもあります。さらに、人見知りや場所見知りがある時期でもあります。そのため、撮影場所から家までの移動にもお子様にストレスがかからないよう配慮して挑みましょう。

また、カメラマンやヘアメイクを行う人とも初対面であるため、不安を感じてしまうケースがあります。つまり、3歳児にとっての七五三の写真撮影は、移動や場所、初対面の人との関わりなどさまざまな要素において負担がかかるシチュエーションだといえます。撮影中に一度機嫌が悪くなってしまうと、機嫌を直すまでに時間がかかり撮影がスムーズに行えなかったというトラブルもあります。

対策として、事前に一緒にホームページを見てどのようなことをするのか伝え、撮影について話しておくことがおすすめです。また、自前で着物を用意する場合は、撮影前に一度着てみたり、足袋を履かせてみたりして撮影当日の様子を事前にシュミレーションしておくこともスムーズに行う対策となります。事前に撮影の内容を伝えておくことや慣れない着物に袖を通しておくことで、当日の不安感やストレスを和らげることができます。

スタジオの着物をレンタルする場合

レンタルの場合は準備するものはありません。着付けの先生がお子様の身長にあわせて着付けをしてくれます。

着物を持ち込む場合

着物を持ち込む場合は、着物以外の小物も一緒に準備が必要です。着物・襦袢(半衿が縫い付けているのか事前に確認が必要です)・腰紐(着物と襦袢に腰紐がついてあれば必要ありません)・巾着袋・草履の準備が必要です。また、持込で撮影をする場合、丈上げは撮影をする直前に行います。

なぜなら、子どもの成長は早いため身長が合わなくなる可能性があるからです。着物以外の小物について、手元にない場合は足りないものだけ撮影スタジオで借りることができる場合があります。小物等で借りたいものがある場合は、事前に撮影スタジオへ問い合わせを行なっておくことが大切です。

3歳の女の子の七五三ヘアメイク

3歳の女の子のヘアメイクは、基本的に何もせずそのまま撮影するケースが多いです。なぜなら、3歳の頃はあまり髪伸びていないからです。しかし、希望すればプロのヘアメイクの方にウィッグを付けてもらいヘアメイクを行うこともできます。また、七五三の撮影の前に、美容室で髪全体の長さやボリュームを整えてもらうこともおすすめです。

5歳男の子のヘアメイクについて

5歳の男の子は身長が100センチ前後になり、袴を着て撮影を行います。お子様の成長スピードは異なるため、身長が小さい、身長が大きいなどで袴が着られるか心配な場合な事前に撮影スタジオに問い合わせておくことが大切です。また、袴の着用は、お腹周りに腰紐2本と帯を巻きつけるためお子様への負担が大きいです。

そのため、撮影前に食事をする際は食べすぎないよう注意する必要があります。たとえば、昼食時間の後にすぐ撮影が始まるようなスケジュールを避ける、午前中で撮影が終了するよう調整してあげることも、お子様の負担を軽減する対策となります。

スタジオの着物をレンタルする場合

レンタルの場合は準備するものはありません。着付けの先生がお子様の身長にあわせて着付けをしてくれます。

袴を持ち込む場合

袴を持ち込む場合は、袴以外の小物も一緒に準備が必要です。着物・帯・襦袢(半衿が縫い付けているか事前に確認が必要です)・袴(長さの目安は60センチ)、肌着・腰紐3個・タオル1枚・お草履・せんす・短剣・腰紐2本・足袋の準備が必要です。袴の長さは大体60センチで、おへそからくるぶしまでの長さが目安となります。持ち込みの場合は、事前に寸法を確認しお子様の体型や身長に合わせて仕立ててくる必要があります。

あまり撮影日より前にサイズ調整を行うと、当日サイズが合わないことがあります。そのため、撮影日の少し前にサイズ調整を行うことをおすすめします。袴以外の小物について、手元にない場合は足りないものだけ撮影スタジオで借りることができる場合があります。小物等で借りたいものがある場合は、事前に撮影スタジオへ問い合わせを行なっておくことが大切です。

5歳の女の子の七五三ヘアメイク

5歳の男の子のヘアメイクは、髪をワックスで簡単に整える程度です。ヘアメイクを別途手配する必要はありません。

7歳女の子のヘアメイクについて

7歳の女の子の場合、自分の好みがはっきり出てきている時期です。自分で着物を選びたいと考えるお子様も多くいます。そのため、お母さんの好みで用意した着物のデザインが気に入らず、喧嘩になるケースも少なくありません。事前に着物を用意する場合は、お子様と一緒に着物選びを行うことをおすすめします。

また、撮影当日に着物をレンタルする場合は、撮影日までに写真スタジオの着物を一緒に確認し、当日の着物選びがスムーズに行えるようフォローしてあげることが大切です。また、身長差が出てくる年頃ですが、スタジオで着物をレンタルする場合は身長に合わせて丈上げを行うサービスがあるため、安心してレンタルサービスを利用できます。

スタジオの着物をレンタルする場合

レンタルの場合は準備するものはありません。着付けの先生がお子様の身長にあわせて着付けをしてくれます。

着物を持ち込む場合

着物を持ち込む場合は、着物以外の小物も一緒に準備が必要です。着物・帯・襦袢(半衿が縫い付けているか事前に確認が必要です)・肌着・腰紐3個(着物と襦袢に腰紐がついてあれば必要ありません)・タオル2枚・草履・末広・筥迫・腰紐3本・足袋の準備が必要です。着物以外の小物について、手元にない場合は足りないものだけ撮影スタジオで借りることができる場合があります。小物等で借りたいものがある場合は、事前に撮影スタジオへ問い合わせを行なっておくことが大切です。

7歳の女の子の七五三ヘアメイク

7歳の女の子は3歳の女の子と異なり、毛量が出てきて髪を伸ばすことができます。そのため、撮影当日に向けて髪を伸ばしておくことで、日本髪やアップスタイル、ダウンスタイルなど好みに合わせておしゃれにアレンジできます。また、七五三の撮影の前に、美容室で髪全体の長さやボリュームを整えてもらうこともおすすめです。

 

七五三を通じて子ども時代に日本の文化に触れることは非常に貴重な経験です。七五三の撮影する際、事前に準備することが多くあるため余裕を持って準備を行うことをおすすめします。また、七五三の着物姿や袴姿の撮影は、お子様の年齢や成長に応じて適した準備を行うことが大切です。年齢に応じて準備を行うことで、当日の撮影をスムーズに行うことができ、最高の思い出を写真として形に残しておくことができます。七五三の思い出に是非いつもと違った記念写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
神奈川の写真スタジオランキング!
アトリエ木下の画像
第5位 ハピリィ
エリア別!おすすめの写真スタジオ
写真スタジオコラム