神奈川でおすすめの写真スタジオ(フォトスタジオ)を比較形式でご紹介!【七五三やお宮参り等など口コミでも人気の写真館】

マタニティフォトを撮るときのお腹の毛!みんなはどうしてる?

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/09/07


妊娠中の記念として、マタニティフォトを撮影する人が増えています。妊娠中のお腹を記録に残せるのはうれしい反面、妊娠中に毛が濃くなる人は多いです。撮影の時にお腹の毛はどうしたら良いのだろうと、悩む人もいるでしょう。今回は、マタニティフォトを撮影するときに、お腹の毛はどうしたらよいかについて紹介します。

妊娠中は毛深くなりやすい

妊娠中の体にはさまざまな変化がおこります。その変化の1つとしてあげられるのが、体毛が濃くなることです。妊娠中は、赤ちゃんが育ちやすいように子宮の環境を整えたり、母乳を作るために乳腺を発達させたり、排卵を抑制しようとしたりするために、エストロゲンや、プロデスケロンなどのたくさんのホルモンが分泌されます。

さまざまな女性ホルモンが分泌されることにより、妊娠中はいつもより毛深くなりやすいです。とくに妊娠中期から後期にかけて、毛深くなったと感じる人が多いと言われています。赤ちゃんの成長が喜ばしい反面、このまま毛が濃い状態が続いたらどうしよう、と不安になるかもしれませんが、心配はありません。産後にホルモンバランスが正常に戻れば、徐々に毛は薄くなっていくと言われています。

マタニティフォトを撮影するときのために剃っても大丈夫?

毛が特に濃くなると言われている妊娠中期から後期は、マタニティフォトを撮影する人が多い時期です。マタニティフォトを撮るのは貴重な機会であり、記念に残るものなので、気になる毛を剃ってから撮影をしたいと思う人も多いでしょう。

お腹の毛を剃っても大丈夫?

お腹の毛を剃って、赤ちゃんに悪影響があるのか気になると思います。お腹の毛を剃ることは、皮膚の表面で起きていることなので赤ちゃんに悪影響はありません。ただし、妊娠中はお肌の状態が敏感になっています。肌の状態が気になるなら、剃らずにそのままの方がよいでしょう。

お腹をレースで覆ったデザインのマタニティドレスを着たり、写真館で撮影をするのであれば、撮影後に写真を加工してもらったりして、お腹の毛が映り込まないようにしてもらうこともできます。もし剃るのであれば、細心の注意を払って行うようにしましょう。

お腹の毛のお手入れ方法と気をつけたいこと

妊娠中は肌のバリア機能が低下していて、少しの刺激に対してでも反応しやすくなっています。妊娠中に多く分泌されるエストロゲンは、日光の刺激に対して肌が反応しやすくなってしまう女性ホルモンです。バリア機能が低下して、日光の影響も受けやすい状態のため、妊娠中の肌はとても乾燥しやすくなっています。

お手入れの際は、肌に負担をかけないようにすることが大事です。

専用のシェービングクリームを使う

お腹の毛を剃る際には、石鹸やボディーソープを使用するのではなく、専用のシェービングクリームを使用しましょう。専用のシェービングクリームを使用した方が、シェービング時の肌への負担は軽減されます。シェービングクリームには、さまざまなタイプがあります。乾燥が気になるときは、クリームタイプのシェービング剤がおすすめです。

油分が多く、シェーバーを滑らかに動かすことができて、カミソリ負けしにくい状態を作ってくれます。敏感肌用の商品から、ご自身の肌質に合うものを選んで使用しましょう。妊娠中は肌が敏感になっているため、クリームを使用する際は事前にパッチテストをすることも大切です。

逆剃りしない

お腹の毛を剃る際には、毛の流れに沿って剃るように注意しましょう。毛の流れにさからって逆剃りをしてしまうと、肌への負担が大きくなり、肌トラブルの原因となってしまいます。必ず毛の流れに沿って剃りましょう。

1人で行わない

お腹の大きくなってきた妊婦さんは転倒しやすいため、お腹の毛を剃る際は1人では行わないようにしましょう。大きくなってきたお腹の下の方は、自分だけでは確認が難しいです。確認しようとしてバランスを崩したり、お腹を傷つけてしまったりするケースもあります。必ず、旦那さんや家族、友人などに手伝ってもらいましょう。

肌に負担の少ない道具を選ぶ

カミソリを選ぶときは、肌への負担の少ない複数刃のものを選びましょう。敏感肌向けの複数刃のカミソリは、ドラッグストアなどでも販売されていて手に入りやすいです。カミソリを選ぶときは、肌への負担が少なく済むものを選びましょう。

電気シェーバーであれば、刃にガードがついていて、刃が肌に直接あたることなく毛だけをカットできます。肌への負担をより減らすことが出来るのでおすすめです。フェイス用の小さなタイプであれば、1,000円前後の値段から手に入れることが出来ます。可能であれば、電気シェーバーの購入を検討してみるのもよいでしょう。

お手入れ後のケアも必ず行う

お腹の毛を剃った後は、肌がダメージを受けているので保湿を必ず行いましょう。乾燥しやすくなっているので、シェービング専用のアフターローションや、敏感肌用のローションやクリームなどでしっかりと保湿する必要があります。アフターケアを万全に行い、肌トラブルを防止しやすくしましょう。

マタニティフォトを撮るならベリーペイントもおすすめ

海外では、安産祈願のおまじないとしてベリーペイントが行われています。マライアキャリーが行ったことで、ベリーペイントは有名になりました。日本でもマタニティフォトを撮るときに、ベリーペイントをする人が増えています。

ベリーペイントとは

妊婦さんのお腹に、ボディ用の絵の具で絵を描くことです。赤ちゃんの誕生を祝うメッセージを記すことも多く、出産の無事と子どもの健康を願い行う意味合いもあります。ベリーダンスのお腹の意味の「Belly」に絵を描くので、ベリーペイントと言われています。ベリーペイントは、自分や家族でお腹に絵やメッセージを書く、アーティストに書いてもらう方法があります。

ベリーペイントにかかる時間、ペイントの落とし方

アーティストに依頼をすれば、30分~1時間くらいでベリーペイントをしてもらうことができます。マタニティフォトの撮影後は、ウェットティッシュでふき取ればほとんど落とすことができますし、お風呂に入って石鹸で洗い流せば、きれいに落としきれます。肌に優しい絵具を使用するので、お腹にいる赤ちゃんにも安心です。

ベリーペイントと相性の良い衣装

ベリーペイントをするなら、ペイントが引き立つデザインの衣装を選ぶことが大切です。セパレートやベアトップタイプの衣装など、シンプルなものを選べばお腹をかわいく目立たせることができます。

ベリーペイントの依頼のしかた

ベリーペイントのアーティストと、提携している写真スタジオは全国にあります。提携スタジオであれば、ペイントから撮影までをまとめて行うことができるので依頼しやすいでしょう。イラストやメッセージは見本から選ぶ、リクエストに応じてペイントしてもらうなど、自由に依頼ができます。海や空や地球、お花やハートや、家族みんなの似顔絵など、好きなものをお腹に書いてもらいましょう。

ベリーペイントのアーティストと提携しているスタジオが近くにない場合は、スタジオまで出張もしてもらえます。赤ちゃんのいる丸いお腹をかわいく描けば、素敵な写真が撮れるでしょう。マタニティフォトを撮影する際はぜひ依頼してみましょう。

まとめ

マタニティフォトを撮影するときに、お腹の毛はどうしたら良いかについて紹介しました。妊娠中は赤ちゃんの成長のためにさまざまなホルモンが分泌されます。その影響で毛が濃くなってしまうことがわかりました。お腹の毛を剃る際は、肌に負担をかけないよう注意することが大事です。1人では処理を行わないようしましょう。お肌の状態が敏感になっているときは、無理に剃らないことも大事です。もし、お腹の毛を剃ることが難しいのであれば、ベリーペイントを行うのもおすすめです。ベリーペイントを行えば、お腹を華やかに彩りつつ、お腹の毛も目立ちにくくすることができます。安産祈願の意味合いもあり、華やかな写真を撮ることもできるので、ぜひベリーペイントをして素敵なマタニティフォトを撮影しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
神奈川の写真スタジオランキング!
アトリエ木下の画像
第5位 ハピリィ
エリア別!おすすめの写真スタジオ
写真スタジオコラム